しいたけ用語集

現在、準備中です。しばらくお待ちください。

【キ】 きのこ

「きのこ」とは、木に生えているので「木の子」と書きます。きのこは植物でもなく動物でもなく菌類で、菌類がつくる子実体の総称です。

きのこは発生する環境や寄生によって名前がつけられ、例えば、しいたけ(椎の木)、松茸(マツ林にはえる)、ナラタケ(楢の木にはえる)、エノキタケ(榎の木にはえる)、などと呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

▲ページトップ

Copyright© 2011 The Japanese Society for Public Administration. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲