乾しいたけの成分と効用

骨を丈夫にするビタミンDを含みます

乾しいたけは生鮮きのこ類に比べてビタミンDを多く含んでいます。
これは、しいたけに含まれているエリゴステロールという成分がビタミンDに変化するためです。

ビタミンDは、腸からカルシウムの吸収、骨への カルシウム吸着など、体内でのカルシウム代謝に大きな役割を果たしています。

骨の脆弱化による足腰の痛みや、「骨粗鬆症」の予防には、適度な運動とカルシウム・ビタミンDを多く含む食品を多く摂取することが望ましいとされています。

 

 

コレステロール値・血圧を下げるエリタデニン

しいたけには、エリタデニンという他のきのこ類にはない特有の成分が含まれています。

エリタデニンは血液中における悪玉コレステロール値(LDL)を下げ、善玉コレステロール値(HDL)を高め、総コレステロール値を下げる働きをし ます。

乾しいたけを継続的に食べると、総コレステロール値を下げることによってスムーズな血流となり、血圧を下げることも期待できます。

 

低カロリーで豊富な食物繊維

しいたけには食物繊維がたくさん含まれています。

食物繊維の働きは、腸の中で有用な細菌を増やすとともに、コレステロールや発がん物質を吸着して体外へ排出する効果があるといわれています。

また、乾しいたけは低カロリー食品としても知られており、便秘の予防などに役立つとともに、健康的なダイエット効果を期待することができます。

 

骨抗腫瘍性をもつβ-グルカンとレンチナン

私たちの体には免疫力があり、侵入してくる病原菌と常に闘いを続けて健康を維持しています。ところが、少しでも免疫力が弱まると、病原菌に感染して発病してしまうため、常に抵抗力を高めておく必要があります。

 

 

 

 

きのこの食物繊維に含まれているβ-グルカンには免疫活性を高め、抗腫瘍性、感染予防などが期待できるといわれています。

特にしいたけに含まれるレンチナンという成分は、リンパ球やナチュラルキラー細胞(NK細胞)などの活性力を高める働きをするとともに、抗腫瘍効果(がん細胞増殖の抑制)についても認められています。

レンチナンは、1985年に抗腫瘍剤(胃がん)として認可され、医療現場において活用されています。

 

▲ページトップ

Copyright© 2011 The Japanese Society for Public Administration. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲