「7月7日は乾しいたけの日」の数寄屋橋イベント報告

2017-07-28

 

7月7日(金)、第5回目となる「7月7日は乾しいたけの日」のイベントを、東京銀座数寄屋橋交番裏広場において全国乾麺協同組合連合会とコラボして実施しました。

今年も天候に恵まれ、原木乾しいたけキャラクター「乾しいたけ貴婦人」の他、岩手県の「そばっち」、熊本県の「くまモン」、大分県の「めじろん」の応援参加も得られ、1,000個用意した無償提供品(乾しいたけ20g、乾しいたけ利用啓蒙冊子、料理レシピリーフレット等)の配布は1時間を待たずに大盛況の中で終了しました。

クヌギやナラの原木で育てた生のしいたけを乾燥してつくった「日本産・原木乾しいたけ」は、無農薬・肥料の自然なエコ食品です。環境保全の視点からも極めて重要な「農林水産循環システム」の一翼をも担っています。

「日本産・原木乾しいたけ」のファンになってくださることをお願いし、PR いたしました。

 

【切れ間のない人の列】 【くまモン、めじろん、そばっち乾しいたけ貴婦人の揃い踏み】

 

Copyright© 2011 The Japanese Society for Public Administration. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲